2015年10月 3日 (土)

『 犬がとなりにいるだけで 』

先日オトモダチから一冊の本が届きましたbook








Photo



犬がとなりにいるだけで









保健所の職員から脱走した野犬が 介護老人保健施設に逃げ込んだ








のちに 「 ぼたもち 」 と名付けられ 介護職員のコオロギさんと共に










成長していく物語。。











セラピードックはみんなとワイワイしながら癒しを与えるのが








仕事だと思っていたが・・・









ぼたもちは寂しそうに一人でいる人の傍で寄り添ったり









体調が悪い人がいればベッドに上がって気遣うところがあったり







日常の中でも数々の出来事。。









認知症のお年寄りの為にセラピードックとして働き










最後は自らも痴呆症になり コオロギさんに見守れながら









最後のドアを閉めるように眠りについた。。。









実話だけに感動と涙が溢れてきました。。








何度読んでも わんこってほんと素晴らしいと再確認してしまったですhappy01










にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ←今日も会いに来てくれてありがとう~heart04
                           応援のポチをお願いします
にほんブログ村




←ランキングに参加中
           こちらも応援ねがいます
人気ブログランキングへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)